収入アップを求めて探した薬剤師の求人と田舎での仕事

田舎は薬剤師の需要が高い

車は持っていたのであまり魅力ではなかったものの、そのような地域差を発見してしまったために転職するなら田舎を目指そうという気持ちになったのです。
ただ、田舎を目指そうと思ったときに一瞬躊躇したのも本当の話と言えます。
うまい話には裏があるとはよく言うものですが、きっと何か理由があって高収入求人が多いのだろうという疑いの気持ちもあったのです。
少し調べてみるとわかったのは、薬剤師が慢性的に不足していて確保が急務になっていることが多いからだということでした。
そのため、すぐにでも働ける人材であれば喉から手が出るほど欲しいという状況が田舎にはあるのです。
住民の便宜を図るために調剤薬局やドラッグストアも増えていますが、それに追いつくほどの薬剤師の供給が間に合っていないというのが現実と言えます。
必然的に、そのような職場で働くと忙殺されるのではないかという懸念はありました。
しかし、もともと病院で働いていて調剤をするのは好きな仕事の一つだったので、それに追われる程度のことであれば何ら支障はないと感じて転職を決意したのです。

薬剤師の年収は東京だから高いとは限らない : 田舎は薬剤師の需要が高い : 田舎でも薬剤師としてやりがいのある仕事に出会えた